貝柱と茸
c0085273_22332763.jpg

                  
      用意するものは貝柱と好みの茸 パセリ
        あればブランデェー
            
      今では 山へ茸を採りに行くことも珍しくなり
      マーケットで買う物は 毒キノコの心配は無いのですが
      昔からの風習に 敬意を表して 茸料理にはパセリも入れましょう。

      今日は まず ガス台の周りを 綺麗に片つけて
        周りに 火の付く物がないか 点検。 

       フライパンにバター、貝を入れて 強火で表面を焼いて

        (上品に 静々焼くと 貝が硬くなるから ジャ~~ットネ!!)

       ブランデェー を シャ~ァ~ 
       火が立つから 気をつけて・・・・自分の顔も焼かないように!
     
        塩 コショウ! 男だ ノソノソするな~! 2分もあれば出来上がり。

      美味しい味の付いているフライパンには 季節の茸を入れて
       (包丁持たなくても 手で裂けるから大丈夫) 
      強火で シャシャシャ 待つ間もなく 出来上がり。
c0085273_22563269.jpg


      明日の日曜日は 白の novello 冷やして ・・・・如何でしょう。


      【男性もイタリアンにトライ】 コーナーをご覧下さったのが
      きっかけで 生まれて初めて 料理にチャレンジ。 
      なさった方からメールが入りました。料理をして3,4回だそうです。
c0085273_0494381.jpg

      ゴルゴンゾーラのパスタ なかなかの上達とは思いません? 
      よろしければ貴方もお仲間に・・・    お待ちしています。
      
       

人気blogランキングへクリックしてね !

        

 
    
    
by befana | 2008-10-25 22:31 | イタリア家庭料理
<< クレープのグラタン 蛸とパプリカのマリネ >>