パンのミネストローネ
        今日は日本料理にも合う というテーマの日ですが
        寒くなったので ミネストローネはどうでしょう・・・・

        ご存知のように ミネストローネの種類も沢山ありますけど
        今日はトスカーナらしい パンのミネストローネを作りました。

c0085273_22195859.jpg

        何時も簡単料理ばかりで ベファーナのイタリア料理って本物? 
        今日は証明書をつけて見ます。
c0085273_22222916.jpg

        一寸時間は掛かりますが 簡単。と書いてあるので簡単。

        材料は 人参、ジャガイモ、セロリ、玉葱、ニンニク、
             黒キャベツ、チジミキャベツ と ビーツの葉、トマトソース。
             トスカーナらしいのが 2種のインゲン豆と 古く固いパン。

        まず オイルにニンニクの香りをつけて 硬い野菜を炒めて
c0085273_2235172.jpg

        水を入れ 60分煮て 葉物を加えて さらに15分。
        最後に硬くなったパンを入れて 一寸コトコト煮れば 出来上がり
c0085273_22363815.jpg
 
c0085273_22372023.jpg
      
        勿論 豆は缶詰めの豆を使っての時間です。
        今日は 乾燥豆で作りましたから 時間はもっと掛かりましたが
        出汁になる 蛋白質を入れなくても 野菜だけで 味は上々。 
         

        畑の宝物 豆を入れ 硬くなったパンも 決して無駄にしない
        食べ物を 大事に使う いかにもトスカーナらしい ミネストローネですね。 

        ベファーナは基本的にスープ類は 水気と湯気でお腹が膨れる気がするので
        好きな食べ物ではないのですが 寒さに向かって よろしければ また
        ご紹介してみましょうか?・・・・・・・ 


人気blogランキングへクリックしてね !

        
by befana | 2008-11-27 22:39 | イタリア家庭料理
<< 栗のプリン 胡桃と貝柱のパスタ >>