ミネストローネ
      お正月も 2週目に入り ベファーナも そろそろ始動です。

      今日の名古屋地区は 雪がちらつきました。そこで ミネストローネです。
      ミネストローネの種類も沢山ありますが
      
      前にも1度 トスカーナ、特に農家人々は昔から食べ物を 
      大事にする習慣があると 書いたように思います・・・・・
      そんなトスカーナのミネストローネの中からこんなのは如何?

      Minestra dei macellai (肉屋のミネストローネ)
      お宅の冷蔵庫にお正月の残りの肉類が少しづつの残っていませんか?

      このレシピによると 牛肉、兎、七面鳥、豚、ようは何でも・・・・・
      肉屋さんにある端布の整理。から生まれたらしい。 
      
      と あれば冷蔵庫の整理に持ってこい。
      そのほか必要なものは 人参、ジャガイモ、玉葱、セロリ、バジリコ、
      マメ、トマトの漉したもの、ニンニク、香草、塩、胡椒と トスカーナの塩なしパン。
c0085273_23285516.jpg

      ミネストローネですからご存知のように 煮て下さい。
      野菜の中で 人参とジャガイモは切らないまま煮て 後からミキサーに掛け
      とろみ材料にします。
c0085273_23301589.jpg
   
      最後に チーズとパンのトーストしたものを 添えて出来上がり。
c0085273_2331476.jpg



      次の日残ったものを リボリータにします。
      容器にスープを入れて
c0085273_23341948.jpg

      パンを載せ
c0085273_23345776.jpg

      スープ少量、チーズをかけて オーブンで暖めます。
c0085273_23371855.jpg

c0085273_23374741.jpg

      前日煮込んでミネストローネ。 翌日リ・ボリータ(再び・煮る)の出来上がり

      硬くなったパンも美味しくいただけますよね。 先人の智恵!

      
人気blogランキングへクリックしてね !

        
    
by befana | 2009-01-12 23:42 | イタリア家庭料理
<< ホタテとソラマメのリゾット ミラノから Buon anno >>