プルーンのニョッキ
        ニョッキの色々をアップしましたが 
        今週の最後 プルーンのニョッキ
c0085273_21235730.jpg

        水で戻したプルーンを入れて お饅頭を作る要領で包んだら
        何時ものように お湯で茹でます

        出来上がったら バターオイルとシナモンシュガーをかけて出来上がり
c0085273_21271495.jpg

  
        トレンティーの辺りは 歴史的にオーストリーの支配下にあったために
        料理にも オーストリーの影響が見られ このようなニョッキに出会います。 
        
        このほかご存知 生ハムで有名なサンダニエーレの北辺りでは
        生のプルーンの種を取り その分シナモンシュガーを詰め 
        ニョッキにする地方も有ります。

        勿論 プルーも入らない 大きめのニョッキに
        バターオイルと 細かいクルトンのようなものが掛かっているだけ・・
        と云う  アルトアディジェ辺りの家庭料理で招かれると・・・・・
        ニョッキ嫌いのベファーナ・・・・喉がつまり・・・・礼儀上美味しいと云い
        誉めた以上は オカワリも断れず・・・・・・お察しあれ!!

        初め云いいましたように 山ほどあるニョッキ料理ですが
        しばらく離れましょう・・・・・・・    又何時かね・・・??

        この終末 貴女はお花見ですか? 雨が降らないといいですね。
            好い週末を。。。

 人気blogランキングへクリックしてね !

by befana | 2009-04-03 21:44 | イタリア家庭料理
<< パスクワの玉子料理 パンのニョッキ >>