モッツァレッラとプチトマトのパスタ
c0085273_2312444.jpg

      暑い日が続きますね。
      今日は 冷たいパスタでも食べるか、というので
      モッツァレッラとプチトマトとバジリコの入ったパスタにしました。
      イタリアの夏の定番です。
      カプリ風という名のつくこのパスタは素材の味が命。
      オリーブオイルにもこだわって ちょっと
      強めな味のオイルを選びます。 冷たいパスタ、といっても
      一般的なイタリア人は パスタを水洗いする、という習慣がなく、
      氷で締めることがあったとしても 水は使いません。
      せっかくのパスタの味が無くなってしまいますからね。
      イタリア人が冷たいものを食べるのは
      グラニータ(かき氷) か ソルベット(シャーベット)か
      ジェラート(アイスクリーム)。 
      余りお腹を冷やすのは良くない、という 俄か医者的な
      事をよく聞きますが 日本人と比べて胃腸がデリケートなのでは?


     人気blogランキングへクリックしてね !


   
      
        
by befana | 2007-08-20 23:23 | イタリア家庭料理
<< 小さな肉団子パスタ マンゴーのチーズ・トルティーノ >>