トスカーナのおかーさん料理 第3弾
      リコッタのタルト
      夕べ というより 通常 夜中という時間2時ころ ブログを書き終わり
      台所に座って お水を1ッ杯。 (お茶を飲むと 胃を壊すベファーナ)
      それから 思いついて お菓子作り。・・・というほど簡単。
c0085273_2233495.jpg

      リコッタ 200g に 砂糖、卵、大匙2杯の粉。 おしまい。
      好みで レーズンも、 出来上がったものは フワフワ~~~!
      
      すぐに へこむけど お皿に移せないくらい 柔らかく プリンみたい。
c0085273_22101877.jpg
 
      早速 1つ つまみ喰い。 おいし~~~ぃ。
     
      夜中に食べちゃー いけない。 解ってる!! でも 食べなきゃぁ心残り。
 
      リコッタなんて高い物 日常 簡単に使うなんて ウッッソ~。 と思うかな?
 
      でも ヴィンチェンツォ・カンビ の 描いた 【リコッタを食べる人々】という
      絵を観ても いかにも イタリア人にとって リコッタは大衆的な食べ物。 
      機会があったら この絵も見てね。15,6世紀の画家の描いた絵にも
      沢山の興味深い食べ物、いまも おんなじもの食べてる~~~。
      って 驚くものが書かれているから・・・・・     
      
     
人気blogランキングへクリックしてね !



      
 
by befana | 2008-01-06 22:04 | イタリア家庭料理
<< ベファーナ祭り トンチンカンな ご飯 >>