カテゴリ:イタリア友の会( 7 )
友の会7月の例会
c0085273_23305033.jpg

この間の黄色いんげんは 7月の
中部イタリア友の会の例会に出させて頂いたもので
これが大体他にお出ししたもの。
ポルペットーネに からしヨーグルトソースをかけたものや
アンチョビ入りのラタトゥイユ、
カボチャの花のフライ(またもや 畑のたからものさんからの宝物を頂いたので)、 その他に
パンツェロッティも。
会の皆様が美味しそうに召し上がってくださるのが楽しみです。
お腹が一杯になったところで
東京からいらして下さった講師の先生に
イタリア旅行についてのお話を 
いろいろと伺って イタリアビールを飲んで
楽しい夜は更けたのでありました。
皆さん 有難うございました。

人気blogランキングへクリックしてね !

by befana | 2007-07-24 23:40 | イタリア友の会
秋のピクニック
イタリア友の会名古屋 20数年にして初のピクニックをしました。
イタリアに関する何か?を 訪ねて・・・・いいえ・・・
会員のSさんのご実家の畑の檻に猪が掛かった・・・・
ではご馳走になろう・・・
という イタとも名古屋の面々らしい 発案で 車を連ねて
出かけました。目的地は稲武の近くです。走ること約1時間半
c0085273_2215635.jpg

心掛けの良いメンバー???のためか天気は 申し分なし
c0085273_22165929.jpg
      早速3箇所で 火をおこし 準備
c0085273_2385652.jpg

食材もイタリアと関係ありません。
Sさんの畑で獲れた猪(?)に 野菜と 手作り五平餅 
前夜ご主人がすり鉢で丹念に作ってくださった 胡桃味噌は絶品。
同じく自家製茗荷の3杯酢漬け
その隣のもの何? ゴモットモ!
栗と、焼きマシュマロ美味しいのよ
c0085273_23101935.jpg
 
足元には 茸! 幾ら食いしん坊の集まりでも これは食べません。
踏んだら 煙のごとく消え去りました。
 
c0085273_2236562.jpg

満腹の後は 木漏れ日の中 この地方のお話を伺いながら 
次回 春の山の幸の話になれば すぐに山菜獲りに天麩羅の話。
満腹は何処へやら・・・  頭は春の山菜のてんぷら・・・     
心地よい風に お昼寝をしたい心に 終止符を打って  
皆で片付け 帰路に・・・・
c0085273_22394689.jpg

一体何処を通ったのか?Sさんの先導で 山道を忍者のごとく走り 
小原村へ
c0085273_22435654.jpg

Sさんご夫妻の心籠ったご準備に迎えられ 
何時もながら 和気藹々名古屋のメンバー 
小原村の紅葉と避寒桜の織り成す自然の妙!に
心温まる1日を 過ごさせてもらいました。皆さん有難うございました。

名古屋近郊にお住まいで 私達の会に興味をお持ちくださる方が
いらっしゃいましたら ご参加下さい。 
次回は 11月4日宮下規久朗先生の美術のお話会を予定しています。 
  
  人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
  
by befana | 2006-10-14 22:20 | イタリア友の会
イタリア友の会 9月例会
9月2日神戸大学の宮下規久朗先生をお迎えして
ベネチア派美術について スライドを見ながら
お話を伺いました。
まずは何時もの事で腹が減っては・・・・と
ワインと食事です。
c0085273_22524363.jpg

この日のメニューは
トスカーナの避暑地ホテルで出た 揚げピッツァ
ズッキー二のペースト入りトマトの詰め物
北イタリア料理の兎のラグー
c0085273_225901.jpg
 
まだ暑さの残るこの日はトマトの詰め物。
ズッキーニとチーズ、香草、
アンチョビでクリームを作り トマトに詰めて 冷やしたもの
c0085273_2322753.jpg

このあとお話を伺い 最後は先生と数人で
グラッパ1本空けて
お開きは午前2時近く 誠に楽しかったです。

良かったら あなたも参加しませんか?
人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-09-03 23:14 | イタリア友の会
イタリア友の会
c0085273_12532387.jpg


昨日はイタリア友の会の8月の例会。
いつものように庭にテーブルを出して
c0085273_1302169.jpg

ご馳走を並べ、 白ワイン、赤ワインを
飲みながら 楽しくおしゃべり。
c0085273_1323366.jpg

日がすっかり暮れてからはミラノ暮らし20年の娘が
イタリアの子供やイタリア人のバカンスについての話をしました。

いつも皆が協力しあって助けてくれて有難う!
中でも縁の下のチカラモチ 大平さん ありがとね。

今度の例会は9月2日に神戸大学の宮下先生の
チョイと変わった美術のお話とワインで集まりまーす。
気軽に寄ってみてね。
連絡・問い合わせは リンクのIl salotto di Befanaの
ホームページ クリックしてみて。

人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-08-06 13:02 | イタリア友の会
バーベキュー
c0085273_2232775.jpg

夏は野外でバーベキュー、なんていいけれど
イタリアでもありますよ。 写真のは
アッラ・ブラーチェといわれる炭火焼レストランのもので
この上で ピッツァに似たパンを焼いたり その地方の
腸詰め、豚、牛を 焼いたりしています。
c0085273_22151093.jpg

こんなに美味しそうなのでなくても
ちょっと大きい公園なんかへ週末に遊びに行くと
バーベキューコーナーがあって
平日はイタリア人家庭の家政婦なんかをしている
南米系の家族が集まって 豪快な
バーベキューパーティーしていたり、
(私が見たときは鉄ベッドの骨組みを網に見立てて
その下で火を起こしてた!)
海の家でイタリア人家族が慣れないバーベキューに
キャーキャー言いながら肉や野菜を焼いていたり。

そんな時欠かせないのはワイン、
といってもキャンティやバローロなんて上等じゃなくて
キュッと冷やした発砲赤ワイン。
ほらね、シスター達だって食べに来てる。
バッチリワインだって飲みました。
c0085273_22102586.jpg


人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-08-03 22:12 | イタリア友の会
桃のパンナコッタ
c0085273_23503628.jpg


20年前にはパンナコッタにはキャラメルソースが定番のようでした。
しかし近頃夏のリゾートホテルでは 毎晩トッピングを変えて
楽しませてくれます。
毎日滞在地を換えるのも 楽しいバカンスだけど のんびりと
1箇所に腰を据えて 海に出たり、読書したり、顔なじみに一寸挨拶したり、
毎晩変わる食事を楽しんだり・・・・・
こんなイタリアでの夏休みは如何?・・・いいものよ!

さて 忘れる所でした・・・パンナコッタ!
この時期からは 好みのフルーツをマチェドニアにして
トッピングするのも 好いですね。
今スーパーには ラズベリー、ブルーベリーなどなど
森の木の実と呼ばれるものも沢山出ているから 果実は洗い 
麻布で水気を取って ボールに入れ好みの量の砂糖、
ブランデーを入れて 30分ほど漬けて 汁ごとトッピング。

もう少し手間を掛けてコンポート この時期の楽しみ。
ホーロー鍋か テラコッタの鍋が あれば一番。 
砂糖50g 水50cc 赤又は白ワイン30cc クローブ1個、
シナモンスティック、レモンの皮。ぜ~んぶを鍋に入れて 
煮立てたソースに 桃の皮を剥いて
好みの大きさに切った物を
入れ 10分煮て出来上がり。
煮汁の中で冷まして トッピング。
 
そうだ・・・・・・・パンナコッタも書かなきゃね。
パンナは生クリームのことだから 生クリームの量のほうが 
牛乳より多いのよ

生クリーム300cc、牛乳150cc、粉ゼラチン10g、水100cc、
ブランデー50cc(私の好み)。牛乳に砂糖を入れて煮溶かした所に 
水でもどした ゼラチンを加えて溶けたら 生クリームと
好みの酒を加えて煮たものを  冷蔵庫で固めたら出来上がり。
生クリームを煮る時は植物性を使うと 分離するので 注意!!
簡単だから 明日試してね
じゃあ良い週末を

Buona domenica!

人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ



    
by befana | 2006-07-30 00:43 | イタリア友の会
今日の晩御飯
c0085273_04266.jpg



このところ 我が家は肉が続いていたので魚系。
一寸お客様料理にもなるけど 簡単で見栄え
もするように思いますが・・・如何でしょう?
お刺身用 ホタテと鮭を用意。鮭は長さに沿って5mm位に切って ホタテに巻くだけ。
安全のために楊枝で巻き端を止めましょう。後は塩、胡椒をして焼くだけ・・・・ 
この料理はイタリアの高級レストランの前菜。おうちでも簡単に出来ますよ。 
私の料理教室に ご主人は日本料理しか召し上がらない と言う方が 
もう8年越しにお稽古にいらっしゃています。彼女はこの料理に 
大根おろしに白ご飯と言う取り合わせで召し上がったそうです。
こんな形でご利用下さるのもいいのではないでしょうか? 


人気blogランキングにクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-07-25 00:06 | イタリア友の会