<   2006年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧
鳥のストラッチョ パスタ
c0085273_2344514.jpg


耳慣れないパスタを 直訳すると ボロのパスタ、とか
使い古しのパスタ・・・など可哀想な名前になりますが
食べると中々美味しいものです。

前日焼いたローストチキンの 活用と言うことでしょう。
ローストチキンをほぐして セロリ、ニンジンなどに
香草 ウォッカを入れて作るソースです。

人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
 
by befana | 2006-08-31 23:47 | イタリア家庭料理
タコサラダ
c0085273_22563047.jpg

今日は急ぐ!という時にこれを一品加えてみたら・・・というのが
この蛸サラダ。
茹でだこ と パプリカを適当な大きさに切って
黒オリーブの実、粒からし、万能ねぎの微塵切り、オリーブオイル、
ワインビネガー(白)、塩、黒胡椒で和えるだけ。
本当は和えた後 2時間くらい後の方が美味しいですよ。
試してみてね。

人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
 
by befana | 2006-08-30 23:01 | イタリア家庭料理
カボチャの花
c0085273_23461853.jpg

イタリア人て何でも食べてしまう(マグロの心臓まで干物にする)
国民ですが花だって食べます。
こういうカボチャの花、 これはマーケットやスーパーに行くと
10から12本一束になって売られていますが
買ってきてすぐその日に食べないとヒョロヒョロになってしまう
シロモノです。
さて、その食べ方は リゾットにするとかパスタにするとか
いろいろありますが 一番美味しいのはやっぱりフライ。
布巾でよく拭いて汚れを落とし、 気になる人は
雌蕊、雄蕊を取って その中にアンチョビ半分とモッツァレッラのを
切ったものを詰めて 小麦粉と水を溶いたもの
(好みで卵も)をあわせた衣をつけて 揚げるわけ。
塩を少しだけ振りかけて 直ぐに食べるとオーイシイ!
庭にカボチャのある幸運な方は試してみてね。
人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
 
by befana | 2006-08-29 23:52 | イタリアあれこれ
残り物の春巻き
c0085273_2243151.jpg

春巻きの皮が余った、てことありませんか?
家では余った春巻きの皮を4分の1に切って冷凍しておくのですが
ビールを一杯、なんてことになったら引っ張り出してきて
これまた余って冷凍されたエビ、卵黄、ミントの葉、塩を
ミキサーにかけたものを少しだけ巻いて揚げます。
余った枝豆とフィラデルフィアチーズ、塩をミキサーに
かけたものを巻いても美味しく出来上がりますが
こっちはきっちり巻き込んでおかないと油が撥ねるので
気をつけて。 突然のお客様のために
作り置きして冷凍してもいいかもね。

人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
 
by befana | 2006-08-28 22:50 | イタリア家庭料理
ほおずき
c0085273_22282375.jpg

このほおずきは お友達のSさんから頂いたもの。
とても色も形もきれいなので、秋の
デコレーションアイテムにしようと思っています。
ところでイタリアではこれを チョコレート漬けにして
プラリネ、トリュフチョコなんかと一緒に売っています。
お菓子屋へ行くと片隅に 茶色に乾いたほおずきの
殻が羽のように裏返っていて 実のところに
チョコレートがついているのをよく見かけます。
干しイチジクのチョコレートや 唐辛子のチョコレート、
ベルガモット、オレンジの皮のチョコレート、など
何でも美味しく食べてしまうイタリア人には
確かに中国人に通じるものがあるかもしれませんね。
人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
 
by befana | 2006-08-26 22:25 | イタリアあれこれ
パンナコッタ
c0085273_2145069.jpg

パンナコッタ作りました。 要するに砂糖、牛乳、生クリームを
ゼラチンで固めたものですが、トッピング次第で楽しくなります。
イチゴとカスタードクリーム、ブルーベリー、桃のコンポート、
一番オーソドックスなキャラメルソース、キウィをのせてみましたが
これ以外にも子供用にチョコペンで動物の顔を描いたり
形自体をハートの型で固めてしまったり、
いろいろ楽しんでみて。

パンナコッタの分量は 7月30日のブログに書いたので見てね・・・
人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-08-25 21:49 | イタリア家庭料理
パプリカのパスタ
c0085273_22361814.jpg

昨日パプリカをマリネにしましたが 今度はパスタを作ってみました。
タマネギとパプリカを微塵切りにして よく炒めた後、
トマトソースを加えてちょっと煮てソースを作る。
タリアテッレを茹で上げる少し前に 生クリームを
加えて煮立たせ、パスタとパルメザンチーズを加えて
ザザッと混ぜ合わせ食べる。
これも簡単。試してみてね。

人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-08-24 22:39 | イタリア家庭料理
野菜のマリネ
c0085273_22445049.jpg

暑い! なーんて暑いんでしょ!
なにを食べようったって何にも作る気がしない。
そーだ野菜だ 野菜にしよう、と思ってつくったのがこれ、
インゲンとペペローニのマリネです。
最近はパプリカなんていってよくスーパーにも出ていますよね。
3色違うのを買ってきて、洗って、フォイルに包んで
オーブンで黒焼きにします。 熱いのを我慢しながら
皮をむいて、そのままニンニクと一緒に
オリーブオイルに漬けるだけ。
インゲンはさっと塩茹でして同じようにニンニクと
オリーブオイルに漬ける。 冷やしても美味しいし
簡単なので 我が家の定番です。
試してみてね。
人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-08-23 22:58 | イタリア家庭料理
ベファーナ家のパスタ
c0085273_22413781.jpg

キューウェル様からのリクエストで シャトー・ラフィットに合う料理 
ありませんか、とのこと。
うらやましー キー!と思いながらもせっかくですから
ちょっとこれどうでしょう?というオススメをご紹介してみます。

これは私の父が戦時中イタリアへ留学していた時、ナポリのメードさんが
3日がかりで作ってくれて とっても美味しかったから、というので銅鍋と
一緒に持ち帰ったレシピで作るベファーナ特製の肉の煮込みです。

肉はその日食卓に出るワインと同じものを使って1日漬け込みます。
たとえばバローロの年代モノで 高価なものであっても 
客をもてなすためには ここはハリコミます。
翌日トマトを加えて煮込んで。1晩寝かして 当日温めと 仕上げ・・・
お客様にお出しします。

c0085273_22415972.jpg

そのソースをスパゲッティ(マカロニ等は X)用に
出来上がった柔らか肉は セコンドとして食べる。
これにフレッシュなグリーンサラダがあったら
充分お腹一杯になるんじゃないかな?
ちょっと手間がかかるけれどラフィット飲むなら
ちょっとくらいの苦労は我慢我慢。
私も飲みたーーーーーい!!

人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-08-22 23:02 | イタリア家庭料理
ルーコラのパスタ
c0085273_22172550.jpg

ルーコラを使った
冷たいパスタです。
切ってる途中でつい つまみ食いをしたくなるものばかりで
困りますが、がんばって作ってみてください。c0085273_22252746.jpg

まず材料。

ルーコラ

スモークサーモン

スモークチーズ

オリーブオイル



c0085273_22291493.jpg

それを小さく切って
ボウルに入れオイルを混ぜる。

最後に茹で上がったパスタと
ルーコラ、オリーブオイルを
もう一度かけて混ぜ、できあがり。
また簡単だったでしょ?

人気blogランキングへクリックしてね !

にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-08-21 22:32 | イタリア家庭料理