<   2006年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧
冷蔵庫の残り物でオレッキエッテ
c0085273_5194278.jpg

冷蔵庫をのぞいて今日は何を作ろうかなーと思いながら
作ったこのパスタ。 
オリーブオイルでニンニクとアンチョビを炒めて溶かし
ズッキーニの輪切りを加えてよく火を通した後で
プチトマトを入れ、しばらく炒める。
火を止める少し前にツナ缶を加えて混ぜる。
そこに余り茹で上がったオレッキエッテを入れて
ボッタルガを振りかけて出来上がり。
食べた人は2回もおかわりをする味でした。
お湯を沸かす時間を除けば10分レシピです。
試してみてね。
人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-09-30 05:25 | イタリア家庭料理
ペペローネ
c0085273_1792128.jpg

以前にもこのブログにチョットのせたパプリカのマリネの
作り方を教えて、という方がいらっしゃったので
書いておきます。
パプリカを洗って 強火のオーブンで20分くらい焼きます。
写真くらいの黒焼き状になったら取り出して
熱いうちに皮をむきます。
c0085273_17122343.jpg

それに ニンニク、塩、オリーブオイルをたっぶり
かけて冷蔵庫で少し冷やしたらできあがり。
お肉のつけ合わせなんかにもピッタリです。
c0085273_17133162.jpg

by befana | 2006-09-29 17:13 | イタリア家庭料理
珍しい旅の思い出
私達の旅は 料理と料理講習。 歴史の地を訪ね 博物館、名所 と
  何時も欲張っています。 
1週間風邪のために 料理を作る元気もなく 旅を利用しましたが 
  今日を今回の旅の最後とします。
コモから一旦スイスに入り ボルツァノに 抜けるあたりでは 
 ピッツオケッリという食べ物があります。
c0085273_2353177.jpg
  
あの地方では蕎麦が獲れるので 良く出て来ます。
  今は重いので 冬になったら ゆっくりご紹介しましょう。
  
最後に この旅で一番珍しかったこと
c0085273_23584068.jpg


          7月11日です。 
ボルツッアーノ~オルティセイ 峠を越えてブルニコに  行く筈でした。
c0085273_031113.jpg

  
雪のため お巡りさんが出て 通行禁止! になりました。
  南半球ではありません。  

明日から通常の我が家の夕食ブログに戻りましょう
  Kちゃん写真のご協力有難う。 

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
 
by befana | 2006-09-26 00:14 | イタリア家庭料理
旅の続き
旅の続き・・・時には食を離れて アクイレイアに寄っって考古学!、
お次 ウディネと来れば サン・ダニエーレ ディ フリウリでしょう
パルマが一番だ、クラテッロだ、やっぱり サン・ダニエーレだと
皆さんご贔屓が有ると思いますが 今回はサンダニエーレ
c0085273_21372896.jpg

でお出迎え!
c0085273_21383020.jpg
c0085273_21385946.jpg


入り口を通れば 3方から お出迎えに 一寸びっくり手ぶれしました・・
昔の生ハム工場は 何処でも塩を打っている所~
延々と工程を回るうちに 食べる前からご馳走様でしたが
今では何処の工場も近代的に完備され 
こんな洒落たレストランも併設されています。
c0085273_22134613.jpg


人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-09-23 21:45 | イタリアあれこれ
昨日の続きの変わったパスタ
すっかリ2度の食前酒でお客気分満点。
いよいよサロンでの食事は どれも地方色豊かで
美味しいものでした。中でも一寸変わったもてなしの
3種のパスタ
c0085273_21405733.jpg
c0085273_21412542.jpg
c0085273_21414850.jpg

でした。 この後 鶏のローストなど3種のメイン。

最後のドルチェ
c0085273_21441220.jpg

を待つ間 ご自由にと出された焼き菓子のディスプレイも 綺麗でした。

c0085273_21515478.jpg

一寸手が出し難かった・・・
感もありますが・・・ 今も心に残るレストランでした。

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-09-22 21:48 | イタリア家庭料理
良き時代のイタリアのサービス
昨日のトリエステから北に行ったところに コルモンスと言う所が有りますが
そこからまだ北に2kmほど行った所に すばらしいレストランがありました。
c0085273_22422482.jpg
c0085273_22432693.jpg


画面の処理上 明るくしてありますが 夕なずんだ景色の中に松明が炊かれ
件のご夫人が 誠にエレガントに まずお庭で食前酒の前のスプマンテの
サービスをしてくれます。おつまみは簡単なズッキーニのフリットに
プルーンのインボルティーニ 皿の上にナプキンではなく
小麦粉を紙のように伸ばして 焼いてある素朴さのある 敷物でした。
c0085273_2254260.jpg
c0085273_22544984.jpg
c0085273_225556.jpg

それから食前酒のサービスのために部屋に入ります。

続きは又明日
人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-09-21 22:51 | イタリア家庭料理
手長海老のパスタ
今年は少し 利巧になったのか 早々と風邪を引きました
流石の食いしん坊も食事を作る 元気がないので
2年前のイタリア旅行の美味しいかったもの紹介しましょう
まずトリエステ
c0085273_23104911.jpg
c0085273_23111257.jpg

ミラマーレ城を訪れた後 港の見えるレストランに飛び込みで入りました。
漁場が近いので 取りあえずパスタは手長と見込んでオーダー。 
トッピングのほかに出汁用に海老は1人前 5匹は使ったか?と
思われるこのパスタ。70年近く食べている パスタの中で これが1番!
と言う忘れられない逸品でした。

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-09-20 23:22 | イタリア家庭料理
ナポリ風ニョッキ
c0085273_205776.jpg


伝統的ナポリ料理の本には ナポリのニョッキそれ自身は小麦粉だけ とか 
トウモロコシの粉だけなど 記されていますが 我が家ではそんな難しいことは
横において 何時も通り ジャガイモに20%の小麦粉を加えて作ります。
ただ トマトソースは昔ながらのカンパーニャ風。ニンニクは入れません。
トマトソースにニンニク入れない?とお思いでしょうが 日本の味噌と同じ 
余分な物を入れないのが基本。 丁寧に何時間も煮込みます。
ナポリ風ニョッキは トマトソースに細切りにしたモッツアレッラを贅沢に入れて 
ニョッキと合わせる。簡単ですがトマトソースを良く煮詰めてあれば 自画自賛の絶品 。

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-09-18 21:26 | イタリア家庭料理
ミラノのレストラン
c0085273_555024.jpg

イタリアの良き家族には日曜日はレストランでお昼を
食べる、という習慣があります。
最近の若い世代にはそういう余裕もなければ
そんなのより郊外にお出掛けした方がいい、とか
趣味を持っていたりとかで なかなかそういう時間も
取らなくなって来たようです。
それでもたまには特別のお出掛け気分も
いいものです。
c0085273_5125942.jpg

ナポリ直送の水牛のモッツァレッラと
3種の野菜料理盛り合わせ、なんて
家ではなかなか面倒ですしねえ?
人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-09-18 05:14 | ミラノからの番外編
ミラノのショーウインドー
c0085273_3472028.jpg

ミラノは今日も雨がザーザー降っていて
すっかり気温も下がって秋らしくなってきました。
このまま毎日雨が降って降って降って
するうちに寒い冬になり、
5月頃までは灰色の空を見ながら暮します。
そんな中で皆工夫して家の中もきれいに
飾るのですが、街を歩いて楽しいのは
ショーウインドーの飾りです。
写真のものは香水、ボディーローションなんかを
売っている店のものですが
華やかですねえ。 ガラスの照り返しでよく見えないかな?
人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-09-16 03:50 | ミラノからの番外編