<   2006年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧
子供のケーキ
c0085273_843668.jpg

子供の誕生日パーティーにはイタリアでもやっぱり
ケーキが欠かせませんが伝統的なケーキ以外にも
最近こんなものまで出ています。
好きなアニメのキャラクターが印刷されたホスティア
(聖体拝領の時のパン、オブラートの分厚いようなもの)
のディスクをクリームを塗ったケーキの上に
置くだけで水分が染み込んでまるでケーキに
絵が描いてあるみたいになります。
食べた感じはそこだけ固い、ということもなく
すっかりケーキに馴染んでいる感じ。
勿論チョコレートケーキ、フルーツの挟まった
生クリームとカスタードのケーキなど
土台は好みで選べるので 子供も大人も嬉しいケーキです。
写真のはイタリアで大流行のウィンクス、ブルームちゃんです。

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-11-30 08:56 | ミラノからの番外編
カリフラワーのフリット
     ベファーナのイタリア料理は野菜ばっかり みたい。
     でもイタリア料理って野菜料理が多いので ご勘弁を!
     本来 私は70歳過ぎても肉党 でも子供の頃からの好物
     カリフラワーのフリット。
c0085273_071164.jpg

     チョット揚げにくいほど 柔らかく茹でたカリフラワーに
     玉子の白身の泡立てたものを 付けて揚げます。
     味は単純に 塩のみ。それと
     今晩は 今月2度目のキャベツのパスタ
c0085273_0182156.jpg

     これまた 朝摘みの野菜を山ほど届けてくださる
     Sさんのお陰で 美味しいうちに頂かなければ・・・・
     前回の生ソーセージとキャベツではなく 今回は
     フライパンに ニンニク、アンチョビを炒めた中で
     豚肉を炒め こちらは塩、胡椒、白ワイン
     煮込み鍋に移して 肉が柔らかくなるまで 4,50分煮込み
     キャベツを入れて 又 コトコト・・・・
     茹でたショートパスタと ペコリーノチーズを加えれば出来上がり。
     獲れたて野菜の甘くて美味しいこと・・・
     Sさん何時も有難う。 今日もご馳走様。

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-11-29 00:14 | イタリア家庭料理
カッペッレッティ
c0085273_694727.jpg

エミリア・ロマーニャ人のクリスマスの食べ物
カッペッレッティ・イン・ブロードです。
肉、ハム、野菜、チーズ、などを美味しく煮たものを
細かくして 自家製パスタ一つ一つ指先で包んだもの。
沢山作っては 冷凍したり友達にあげたりするようです。
(我が家のも冷凍中)
c0085273_685585.jpg

小さく作るのが難しいのですが
小さければ小さいほど良い、とされていて
c0085273_610199.jpg

料理自慢の友人が作ったものはプチトマトと並べて
わかるように こんなに小さいのです。
それを 去勢雄鶏(丸々太るから)、牛肉の骨付き、
タマネギ、セロリ、ニンジン、パセリなどを
3時間も煮て出したブロードを
裏ごししたものの中で煮て パルメザンチーズをかけて
食べます。 見た目には簡単ですが
気が遠くなるほど手間のかかった料理です。

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-11-28 06:17 | ミラノからの番外編
再挑戦カルチョフィ
c0085273_2232065.jpg

またまたカルチョフィです。
この間は写真をあまり撮らなかったので
今回はまた腕まくりして写真を撮ることにしました。
まず この悪の軍団のようなカルチョフィをにらみつけながら
おもむろに手袋をはめ
(アクが強くて手も爪も真っ黒になるから)、
皮をむきはじめます。
c0085273_2261341.jpg

これでもか、これでもか。
それから頭の部分を落とします。
c0085273_2263997.jpg

茎の緑部分もそぎ落とし
c0085273_2265949.jpg

お腹の中の悪いトゲもナイフでくり抜きます。
c0085273_2211102.jpg

見て、このゴミの量!
c0085273_2273690.jpg

で、見て! 食べられる部分の量!
キロ売りできないわけですね。
c0085273_2274982.jpg

フライパンにオリーブオイルとニンニク、アンチョビを入れて
c0085273_2275812.jpg

カルチョフィを加えてチョット炒めたらワインとブロードを入れて煮る。
c0085273_2281185.jpg

退治完了!!


人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-11-27 22:23 | ミラノからの番外編
ホウズキ
 Sさんから頂いた ホウズキはとても色も形もきれいなので、
 秋のデコレーションアイテムにしようと思っています。
      
  こんなことを ブログに書いたのは8月のことです。
  それから 3ヶ月ホウズキは軒下で干されていました。
  そして秋のデコレーションではなく・・・・・こんなになりました。
  もうクリスマスですもの。
c0085273_0505127.jpg
c0085273_0512899.jpg

  実は2,3年前に イタリアで こんなクリスマス飾りを
  見たので 今年Sさんから頂いたホウズキが 余りに 
  綺麗な色をしていたので 夏から楽しみの出来上がり。
c0085273_125962.jpg

  クリスマスにはパネトーネを使ったズコットも定番。
  でも ホウズキが乗っているのは 珍しいですね。
  こちらにも  
c0085273_12052.jpg

  ホウズキの実に チョコレートを付けてお菓子屋の店頭に 
  並んでいるのを 良く見かけます。 
  日本の使い道とはチョット違うようですネ。
人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ

  
  
by befana | 2006-11-27 00:52 | イタリア家庭料理
待望のマロングラッセ
      
      今日待望のマロングラッセがミラノから送られてきました。
c0085273_23111878.jpg

      イタリア各地 勿論フランスにも有名なマロングラッセは
      沢山ありますが 私のお気に入り。
      ミラノの 〔ジョバンニ ガッリ〕  ファン。 
c0085273_2332355.jpg

      この店のマロングラッセは 結構良いお値段なのと
      簡単にミラノに買いには行けないので 何時も大事に
      食べなければなりません。
      そこで新栗の出ている 今 一人で抱えて 思い切り食べたいと
      卑しいリクエストした結果  娘が送ってくれました。
      マロンと一緒に入っているのは スミレ。今年はチョット潰れてる・・・・
c0085273_23104057.jpg
 
      1898年から作られているこの商品は 今も当時と
      同じように作っているそうです。 勿論保存料なし。
c0085273_23205736.jpg

      樹から収穫されると すぐに 砂糖、ブドウ糖、バニラのみで
      作られているため 勿体ながっていると 少し発酵臭が
      してきます。 ところがそれもまたよし。と
      マア兎も角 ファンとはこんなものでしょう。
人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ

     
by befana | 2006-11-24 23:11 | イタリア家庭料理
鶏とほうれん草の巻物
     まるで日本料理のような イタリア料理です。
     写真が後ピンになっていて よく解らないと言われそう。
     鶏もも肉は 平に伸ばして 塩、胡椒
     ほうれん草とピスタッキオか松の実を入れ
     端から巻き込み ホイルで包み
     それを スープの中で煮込みます。
     教室の皆さんから ホイルで包んで
     スープで煮るの?と聞かれます。でも私は
     先生の教え 通り伝えるだけ・・・・     
     何故か 味が良く沁み込んで 美味しいのです。
c0085273_23462773.jpg

     ソースのいらない一品

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
  
by befana | 2006-11-23 23:46 | イタリア家庭料理
カルチョフィ
c0085273_4114568.jpg

カルチョフィがマーケットに出ています。
一般的に食べられているのは2種類で
トゲトゲのものと 全体的に葉が丸みを
おびているのとがあります。
トゲトゲのは中心にもトゲトゲがあって
ナイフで全部そいでおかないと
口の中でトゲトゲします。
周りの皮も半分以上むいておかないといけません。
あまり捨てる部分が多くてケチをすると
固い皮はどんなに煮ても固いので
後で後悔するはめに陥ります。
ゴム手袋をはめてナイフを持って皮を
むき始めます。 剥いて剥いて大分
柔らかそうになったら今度は茎の周りを
削っておきます。半分に切ってトゲトゲが
ないかどうかを確認したらレモンを絞っておいた水に
つけながら(生意気に変色するので)次のカルチョフィに
とりかかります。
10本程も下準備すると 袋一杯のゴミと
ちょびっとの カルチョフィができるわけで
泣きたい気分になります。 が、
フライパンにニンニク、オリーブオイルを入れて
炒め、水気をきったカルチョフィ、アンチョビ、ブロードを
入れて蓋をしたまま火にかけておくと
これはこれは美味しいものになるんですね。
c0085273_443883.jpg

このまま食べても良し、
パスタにしても良し、
やっぱりカルチョフィはやめられません。
by befana | 2006-11-22 04:30 | ミラノからの番外編
黒鯛のホイル焼き
c0085273_6303566.jpg

今日は簡単魚料理。
魚屋でハラと鱗を取ってもらった魚を洗って
水気をきったら ホイルを2重に敷いて
オリーブオイルを垂らしておいた上に乗せます。 
ニンニク、塩、こしょう、
セロリ、ニンジン、無農薬レモンの薄切り、
パセリ、オリーブオイルをお腹の中と
魚の上に載せ蒸気が逃げないようにホイルを
しっかり閉めたら 
180~200度のオーブンで20~30分
(魚の大きさによって時間は調整)焼きます。
お皿にホイルごと乗せて出来上がり。
簡単で臭いも気にならず、寝ててもできる料理です。

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
  
by befana | 2006-11-21 06:36 | イタリア家庭料理
最近のミラノ
c0085273_8264454.jpg

相変わらずの灰色のミラノの空です。
今年は妙に生暖かい11月で皆不気味がっていますが
どうせこんなに暖かいならパーッとお日様出たら
いいのに 毎日こんな感じです。
c0085273_8182561.jpg

でも11月中旬になってチラホラと
クリスマスのものが並ぶようになってきました。
c0085273_8204455.jpg

可愛いもの沢山売っていてどれも欲しくなります。
c0085273_8205895.jpg

皆欲しくなって じだんだ踏みそうになったので
取りあえずうちに帰ってリンゴのタルトを焼くことにしました。
c0085273_823359.jpg

リンゴを砂糖煮にしてスポンジの上に
載せて焼くだけですが 紅茶と一緒に朝食べるには最適。
c0085273_8255196.jpg

これを食べながら落ち着いてクリスマス用の飾りを
どうするか考えようっと。

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
  
by befana | 2006-11-20 08:25 | ミラノからの番外編