<   2007年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧
プンタレッラ
c0085273_9422930.jpg

この野菜プンタレッラといって1月になると
市場に出回ります。 ローマでよく食べるものですが
最近はミラノでも簡単に手に入るようになりました。
c0085273_9441580.jpg

外側の葉っぱを取ると中はこんな風。
c0085273_9444142.jpg

これを又バラバラにして
c0085273_945691.jpg

別にはアンチョビとニンニクのソースを作って
c0085273_9462312.jpg

ハイ、いただきます。
もうミラノも春が近くなってきました。

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2007-01-31 09:45 | ミラノからの番外編
コルモンスの肉料理
c0085273_222191.jpg

      コルモンスってなんだ?? ご尤も!
      フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア 
      特別自治州ゴリツィア県に あります。
      ここでは極上の 白ワインのための 良質のブドウ産地
      として知られています。
      先年 訪れたとき 美味しいローストをご馳走になったことを
      思い出してアップしてみます。
      羊のローストに 香味バター 
      この地方の付け合せは ポレンタが多いのですが
      この日は ジャガイモのコロッケでした。
      何の変哲もない マッシュポテトに 軽くチーズが入っているだけ。
      塩気も殆どなく ジビエには 大変よく合っていました。
      マッシュポテトの搾り出しでないところが 使える~ゥ です。
      
人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ



      
by befana | 2007-01-30 22:18 | イタリア家庭料理
謎の物体
c0085273_874878.jpg

これな~んだ?
c0085273_881878.jpg

コーヒー豆のチョコレートです。
豆が丸ごとブラックチョコレートで包んであるので
ちょっと疲れたな、という時に食べると
しゃっきりして元気が出ます。
オレンジの皮、ほおずき、豚の血 トウガラシ と
どんなものでも チョコレートと合わせて食べるのは
好きなようです。

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2007-01-30 08:13 | ミラノからの番外編
カーニヴァルのお菓子2
c0085273_8291196.jpg

以前にカーニヴァルのお菓子、キャッケレをアップしましたが
今度はその2、 トルテッリです。
エミリア・ロマーニャ地方のプリモ、トルテッリと同じ名前なので
カーニヴァルのトルテッリとかフリッテッラという名で呼ばれます。
生地の作り方は ともかくいろいろでドーナッツ風の重いものから
中は殆ど気泡だらけ
c0085273_8361384.jpg

というものまで様々です。 周りに砂糖がからませてある
揚げ菓子ですが 中身なしのものと カスタードクリームが
入っているものがあります。 カロリーの塊のようなものですね。

 人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2007-01-29 08:37 | イタリア家庭料理
コトレッタ・アッラ・ヴァルドスターナ
      昨日お約束した ヴァル・ダオスタのカツレツです。
c0085273_23281764.jpg

      コルドン・ブルーじゃない? そうです。仰るとおりフランス語。
      ブルゴーニュ王国だった時の影響は今でも残っていますね
      カツレツ用肉に ハムと チーズを挟んで作ります。
      日本のカツレツに比べると パン粉を細かくすること
      揚げると焼くの 中間くらいの油量で 揚げます。
      
      この地方では モチェッタ(カモシカの乾燥肉)、ポレンタ
      ヴァン・ブリュレ(八角等を入れて暖めた赤ワイン)
      カモシカの煮込みなど と並んで コルドンブルーを食べます。
      そして食後に絶対必要なのは カフェ・ヴァルドスターノ。
      コッパ・ダアミチーツィア(友情の杯)。 グロッラで飲むコーヒーでしょう
c0085273_23471064.jpg
 
      熱々のエスプレッソコーヒー、大量のグラッパ、レモンの皮、
      砂糖を入れて火をつけ 青く燃える火を見乍ら益々盛り上がる。
      そして 火が消えたところで グロッラの回し飲み
      それまでにしっかりワインも 入っていますから どの口から飲もうが
      一緒!・・・・の気分になれば 友達の杯になる。という物です
      正しくスキー場の醍醐味。
      グロッラを一人で飲むと 死ぬ!と言われているそうで
      一人寂しく飲む酒?の気分は 死んだも同じと言う事でしょうか 
      いかにもイタリア人。 ではないでしょうか

       明日は日曜日  魔女も休日です。
            Buona Domenica !
       
人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ


      
    
by befana | 2007-01-27 23:28 | イタリア家庭料理
カネーデルり
      2月を目の前にして 寒い地方の料理を紹介 と いうことで 
      ピッツオケッリ、麦のスープに続き 今日は カネーデルリ。
      トレンティーノ・アルト・アディジェ州の伝統的な ものです。
      特にボルツァーノでは クニューデルとして有名。
      今日はスープ仕上げにしましたが スープに入ってないものもあります。
c0085273_0235275.jpg

      材料は タマゴ、パン粉、グラーナ、バターが主材料。
      丸めたものを スープで煮ます。
      スープを取った骨付き豚は モスタルダを添えてメインに。
c0085273_0311044.jpg

      キャベツは にんにく、アンチョビ、便利なpa pa paで炒めましたが
      これは ボルツァーノに関係ありません。野菜が足りないか?と
      勝手に添えたもの

      明日は コトレッタ・アッラ・ヴァルドスターナ なんて如何でしょう?
      また見てね。
 人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ

    
by befana | 2007-01-27 00:35 | イタリア家庭料理
麦のスープ
c0085273_17572752.jpg

今日は冬の定番 麦のスープを作ってみました。
イタリアでも健康ブームでいろいろな穀物を
使って料理に取り入れるのが トレンドなレストランで
流行っていますが 一番簡単なのはやっぱり麦。
タマネギとベーコンをバターで炒めて
冷蔵庫に余っている野菜を放り込んで
麦も加え、白ワインで香りをつけたら
後はブロードを加えて煮込むだけ。 簡単で
美味しく、温かい晩御飯になります。
イタリアではスープによく使うのは
麦かスペルト小麦、サラダなんかには
アワ、カムット(古代エジプトで使われていたもの)、
クスクスも時には南イタリアの方で食べるようですし、
ブルグルで代用することもあるようです。
バリラが スペルト小麦と麦のスパゲッティなんかも
出していますよね。

 人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ

    
by befana | 2007-01-25 18:05 | イタリア家庭料理
蕎麦のパスタ
      イタリアに蕎麦? という方があるかもね?
      ありますよ。ロンバルディアの山の方、アブルッツォ モリーゼとか
      今はスキーで賑っている地方です。
      クレープとか パスタ、グラッパとチーズで作るシャット・・・などなど
      蕎麦料理も結構ありますが 今日はパスタを作りました。
      サム~~~イ地方の食べ物なので 名古屋地区で作ると
      誠に重く感じますが美味しいものです。          

      お名前さんは 蕎麦のパスタでなく “ピッツォッケリ” といいます。
c0085273_956244.jpg

      そば粉、ちじみキャベツ、ジャガイモ、重い溶けるチーズで作ります。
      語源の断片という意味のように 短く作ります。  お試してください。
      
 人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ

    
by befana | 2007-01-25 10:12 | イタリア家庭料理
ほうれん草入りミートローフ
      久し振りにミートローフを作りました。
c0085273_0151876.jpg
 
      前にもアップしましたが この作り方の肉の種は誠に簡単。
      挽肉をバットに入れ 
      見た目 同量のパン粉
      塩、この段階で 軽く混ぜ込んで
      タマゴをいれ  また軽く コネコネ
      お次は牛乳 自分の手に負える硬さに入れ
      ハンバーグなら少し多め、ミートローフは通常の硬さに
      計らない上に 玉葱も炒めず、入らず これでお終い。
      
      今日はほうれん草入り
c0085273_0162815.jpg

      ほうれん草は茹でて にんにくとオイルで炒めて荒熱をとり
      クッキングペーパーに種を伸ばし ほうれん草とチーズを
      芯に巻き込んだら 紙のままオーブンへ 200℃、30分
      ソースは シャンピニオンソースで 
      今日も元気で 美味しく食べられました。・・・・ ご馳走様

人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ






            
by befana | 2007-01-23 00:21 | イタリア家庭料理
ねぎパスタ
      イタリアには多くの美味しい野菜料理がありますが
      この時期 皆さんに喜ばれるのが ねぎパスタ。
      葱パスタ?ウソ~といわれますが ベファーナはイタリアから
      イタリア料理指導者協会の認定講師の資格を貰っているので
      我が家の手抜きメニューの中には 冷蔵庫の残り物整理に
      見たことない物も作りますが
      基本的には 立場上 アレンジメニューは作りません。
    
      そこで 本来はポロ葱で作るパスタですが この時期の葱は
      ポロ葱にも勝る美味しさ。 ご家庭でもすぐ作れる食材として
      日本の葱でどうぞ  
c0085273_0593515.jpg

      何時ものように お野菜はSさんの畑直送
      Sさんの畑は 愛知県旭村 昼夜の寒暖の差が大きいそうで
      何時もながら 本当に美味しい野菜です。
      特に霜に当った葱は格別。
      基本味は オイル、にんにく、アンチョビ、1片の唐辛子。
      小エビと一人当たり 2本程度の葱、白ワイン、塩、胡椒
      細めのパスタとあわせたら出来上がり 一度お試しを

      ついでにご存知???このソース
c0085273_1312947.jpg

      材料は 乾燥トマト、バルサミコ、オイル、生姜など・・・など
      フードプロセッサーにかけるだけ
      レタスに、ジャガイモ・・・などなど 広範囲に使えます
 
by befana | 2007-01-21 00:59 | イタリア家庭料理