<   2008年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
くるみのケーキ
c0085273_658576.jpg

季節外れではありますが なんとなくアーモンドやクルミの
入ったケーキが食べたくなったので 作りました。
バターがたっぷり入って アーモンドプードルとクルミの粉で
生地がしっとりと香ばしく 美味しいケーキでありました。
c0085273_701345.jpg

ちなみにメインは フライパン焼きのタリアータ
c0085273_75851.jpg

赤胡椒をふりかけて ルーコラと一緒に。

 人気blogランキングへクリックしてね !


 
by befana | 2008-06-18 07:01 | ミラノからの番外編
バジリコペースト と トマトのテリーヌ
      イタリアに行くときには・・種を買ってくるようにと
      畑の宝物さんから お頼まれします。 
      ミラノの町の中に有る種やさんには 珍しい野菜の苗や種があり 
      こちらが楽しませてもらいますが
      そのときのバジリコが大きくなったと 届けてくださいました。
c0085273_01918.jpg

      細かい葉が こんもり、密集していて 香りも今出回っている種類とは
      少し違います。
 
      折角の品なので フードプロセッサーではなく イタリアの伝統に従って・・・
c0085273_04353.jpg

      すり鉢登場。 塩も岩塩で
c0085273_053412.jpg

      折角なので パスタジェノベーゼではなく ペーストだけでのパスタです。
      香りが強くて 美味しい。

c0085273_013259.jpg

      重いおかず?というよりは バジリコの香りを楽しんだ後爽やかに・・と
      トマトのテリーヌで閉めました。

 人気blogランキングへクリックしてね !


    
by befana | 2008-06-17 00:08 | イタリア家庭料理
カルチョッフィ No2.
      沢山頂いたカルチョッフィ 今日はパスタで頂きました。
      パスタを茹で始め フライパンにオイル、ニンニク、アンチョビを炒め
      昨日下処理をしておいた カルチョッフィを加えたら 白ワインも入れて
      全体の味が 美味しいくらい~。になったら パスタも丁度!!のはず。
c0085273_22284430.jpg
 
      最後に 卸チーズを これまた美味しいくらい。

      ぺペローニも割安に出回って来たので ローストしてサラダに。
c0085273_2231550.jpg
 
      勿論ぺペローニの定番オイル漬け も良いんですが たまには
      ぺペローニと香草 というのもお試しを・・・・
      
      今日はレタス、ルッコラセルバティコ、オレガノ、タラゴン、レモン、バジリコ、
      ニンニクの摩り下ろし、オイル。塩、胡椒は不要。
      
      サラダの上に載せたのはバジリコ・・・・・月曜日に予定してますが
      こんなかわいい葉のバジリコもあります。     

人気blogランキングへクリックしてね !


     
by befana | 2008-06-14 22:45 | イタリア家庭料理
畑の宝物
      今年も 畑の宝物さんから カルチョッフィを沢山頂きました。
c0085273_23242472.jpg

      
      カルチョッフィもいろんな種類を 栽培していらっしゃるようです
      顔の丸いの、やや面長、細面 いずれがお好み美人か?
c0085273_23264637.jpg
 

      早速掃除を・・・・
c0085273_23285991.jpg

      産毛の多いの 少ないの

      丹精の宝物から こんなに食べられない部分が出るのですから
c0085273_23314180.jpg


      大事な宝物はまず オリーヴの実、アンチョビ、にんんくを
      ペースト状にして 中に詰め ローストに
c0085273_23361797.jpg

      とても美味しく頂きました。
      畑の宝物さん ご馳走様でした。

人気blogランキングへクリックしてね !


       
by befana | 2008-06-13 23:34 | イタリア家庭料理
出不精のお昼ご飯
      
      ベファーナはババーの癖に 朝寝坊・・・・
      仕事が無ければ 9時半~10時に起床。
      エンジンつき箒を持っていても出不精・・・・
      
      従って 朝はコーヒーとヨーグルト、あればビスケット
      
      出不精だから 外食など面倒くさい。
      お昼は冷蔵庫を覗く・・・・フ~~~ン(^_-)??

           で・・・・本日も得意の残り物。

      トマト1個 他人に食べさせるわけでもないので皮なぞむかない、
      モツァレラ半個、と 玉子2個。 塩。フライパンで ゴショゴショッ!
c0085273_2316541.jpg
 
      パンも焼いて
c0085273_23173821.jpg
 
      1枚のパンに ゼ~~~ンブ乗せて 出来上がり
c0085273_231887.jpg
 
      ピッツァ生地がなくたって 偽ピッツァの出来上がり。
     
      お店のピツァも イタリア式に この位のトッピングが 欲しい!!!
      グリーンサラダ と カフェラッテで 満足。

      夜? ベファーナの癖に家族もいるんだ。
      そこで 仕方なくエンジン付き箒に乗って 買い物に行ったよ
     
      従って 今晩は残り物じゃあない。
      白いご飯に おみおつけ、イサキの塩焼き、筑前煮、胡瓜のお浸し。

人気blogランキングへクリックしてね !


       
   
by befana | 2008-06-12 23:32 | イタリア家庭料理
6月イタリアの果物
c0085273_673319.jpg

今年はイタリアも変な天気で 1日のうちに
天気がくるくる変って よく雨も降り、例年と比べると
涼しくて過ごしやすい6月ですが
段々 夏のイタリアの醍醐味、果物の美味しいのが
出始めています。
まず 筆頭は写真のプラム、香りといい甘さといい、
一つ食べたらやめられません。
c0085273_694952.jpg

5月から出始めたサクランボも 段々大きく甘くなって
c0085273_6102227.jpg

百円玉サイズになりました。
1キロ 500円程度で買えます。
c0085273_6111086.jpg

巨大アプリコットだって 出始めました。
これまた熟した甘いものは やめられません。
下手なお菓子より果物の方が美味しいくらいです。 

人気blogランキングへクリックしてね !



      

     
by befana | 2008-06-12 06:12 | ミラノからの番外編
お得意の残り物でイタリアン
      今日のアスパラ料理本当にイタリアン?ッ聞かれたら違う・・・・よ。
      単なるイタリア風。
      昨日のアスパラ、シャンピニオン、ポロ葱。 全て冷蔵庫の残り物・・・ 
c0085273_2353719.jpg

      味は チィンツァーノ とブルーチーズ。 

      鶏だけは 確かに誤魔化しなしのイタリアン。
      腿肉に塩 と 軽く胡椒 アーモンドの潰したもの と 細かくしたパン粉を
      半々にして 衣にしたフライ。 鶏胸肉やささみを使うときは
      アーモンド 2 : 1 小麦粉の方が 肉のパサツキを押さえるので
      おすすめ!!

人気blogランキングへクリックしてね !



      

     

      
by befana | 2008-06-10 23:53 | イタリア家庭料理
アスパラのリゾット
      名古屋地区は独特の蒸し暑さに包まれています。

      北海道産の美味しそうなアスパラを見たら アスパラのリゾット
c0085273_22173481.jpg

      米、玉葱、アスパラ、ハム、モツァレラ と 野菜系の美味しいスープが
      揃えば もう出来上がり。

      太くて新鮮なアスパラで作るリゾットは矢張り甘みと香りで
      ア~~~オイシカッタ。 \(^o^)/

      今週もクリックよろしく

人気blogランキングへクリックしてね !


 
by befana | 2008-06-09 22:22 | イタリア家庭料理
田舎風新じゃがの煮込み
      田舎風 新じゃがの煮込みと題された この料理は
      スマートなレストラン料理ではなく いかにも・・・の一品

c0085273_23303733.jpg


      材料は 1kg      新じゃが
            500g    グリンピース
            600g    生のポルチーニ(シャンピニオンで代用)
      
      まず ジャガイモは皮をつけたまま 丸ごと茹。 熱いうちに皮をとって 
      バターで表面に焦げ目が付くまで 炒めて用意。
      グリンピース 塩茹で
      シャンピニオンはパセリの微塵きりとバター炒め
 
      茸類は 毒キノコではないか? 見分けるために 
      パセリと一緒にいためるのが 昔からの習慣。
     
      浅鍋に これらを合わせて白ワインをいれ 味が染み込むまで
      じっくり煮込んで出来上がり 味は塩味。胡椒はなしで柔らかい味に。 

人気blogランキングへクリックしてね !


  
      
by befana | 2008-06-06 23:30 | イタリア家庭料理
毛むくじゃらのキュウリ
c0085273_6324350.jpg

ご覧の通り うぶ毛だらけの キュウリです。
カロゼッリという種類のもので プーリア州特産のキュウリです。
切ってみると中身は
c0085273_638398.jpg

普通のキュウリと余り変りません。
生で食べますが そのままだと毛が邪魔なので
皮をむいて サラダに入れたりします。
味は普通のキュウリから 臭みを少し抜いたような感じ。

       
人気blogランキングへクリックしてね !


   
     
 
by befana | 2008-06-06 06:39 | ミラノからの番外編