リゾットのグラタン
        リゾットのグラタンなんてカッコつけたけど 残りご飯の活用

        前回は イタリア・マンマの 硬くなったパンの活用!!
        今回は ベファーナの 食事作りたくない日の 残りご飯の活用!

        残りご飯をレンジで チ~~~ン。
        その間に ボールに ハム、チーズ、玉子、塩、黒胡椒を用意。
        
        暖まったご飯に 用意した玉子汁を入れて クルクルット掻きまして・・・・
        一人のお昼ごはんの時は 玉子が煮えないうちに
        頂きま~~~す。 ゴチソウ様の瞬間芸。

        家族と一緒だと一寸 カッコ付けて 容器に入れ
        あればリコッタ、なければ パン粉とパルメザンを合わせてのせ
        オーブンへ
c0085273_2145796.jpg

        ベファーナ流 あっと言う間 残りご飯の変身の術 如何?
c0085273_2148440.jpg

        

人気blogランキングへクリックしてね !

# by befana | 2009-04-20 21:47 | イタリア家庭料理
Panzanella
        イタリア料理と聞くと ゴチソウ~~~ と想像しがちなので
        今日はこんなもの如何でしょう

c0085273_23193856.jpg

        パンツァネッラといいます。

        これには昔話が言い伝えられていますが それは兎も角
        食べ物を大事にする イタリア人の智恵料理です。
   
        硬くなったパンを戻し 野菜と合わせて オリーブ油とビネガーで
        頂きます。 
        硬くなった残りパン??? と馬鹿にしたものでも有りません
        結構美味しいものです。 
   
        決してレストラン料理には出てきませんが マンマたちの食べ物に対する
        愛情のゴチソウでしょう。
        
  人気blogランキングへクリックしてね !

               
       
# by befana | 2009-04-18 23:19 | イタリア家庭料理
アサリの炒め物
        アサリの美味しい季節ですね
      
        ボンゴレは 皆さんよくなさいますが 時にはズッキーネと炒めてみて下さい。
        アサリ 500g、 ズッキーネ 1本、 黄色パプリカ 半分
        
        あまり癖のないズッキーネとボンゴレの出汁が良く効いて
        黄色のパプリカが春らしい 雰囲気を出し 一寸オシャレなイタリアンですが
        白いご飯にも合いますよ。
c0085273_22534174.jpg


        アサリを見ると感心するのは ファッション
        他人の真似をするでもなく、 独自のファッションの見事なこと!
c0085273_2257727.jpg

        と 思わない?・・・・そんなこと考えるってヘンかな~?



 人気blogランキングへクリックしてね !

               
        
# by befana | 2009-04-16 22:56 | イタリア家庭料理
ポロ葱のパスタ
        名古屋地区は夏の暑さです  
        ご覧下さっている皆さんの地域は如何ですか?
        
        嬉しいことにブラジルに お住まいの方もご覧下さっているようですが
        今頃の季節そちら いかがですか? ・・・・
        
        今日はマーケットで美味しそうなポロ葱を見つけてので
        タルトにしようか? ブルーチーズで焼こうか迷って パスタにしました。
c0085273_2122954.jpg

        
        いたって簡単 少量のオイルでベーコンを炒め
        ポロ葱を入れ 少量の水を加えて 火を通します。
        パスタが茹で上がったら煽り 最後に 生クリームを加えれば
        出来上がり 簡単な割りに 葱の甘みで 美味しい一品です。
        
        試してみて下さい。
  

 人気blogランキングへクリックしてね !

               
        

        
# by befana | 2009-04-13 21:27 | イタリア家庭料理
パスクワの羊料理
        苦手な羊を 昨晩漬けた事は 既に報告しました。

        1リッターの水に2カップのワインビネガーですから
        同割ではないのですが 臭みと肉を柔らかくするために
        酢も結構入れます。後は岩塩と胡椒。1晩冷蔵庫へ・・・・

        漬け汁をしっかり拭きとって 
        後はローズマリーと一緒に 焼くだけ
        白ワインなども ジャジャジャッ・・・・・肉を硬くしないように

        ソースは ミントソース
        今日はシチリアの 羊料理・・・・で・・・ミントソース
        80g      ミント
        100cc    オリーブオイル
        大匙2     砂糖 
        大匙4     白のワインビネガー
             塩、胡椒         
        Bi~~~ってすれば これまた出来上がり
c0085273_2258283.jpg


        臭みも全くなく 実に柔らかで・・・・
        今まで悪口云った羊に謝らなきゃ~・・・・・でも
        羊は来年のパスクワまでお休み

 人気blogランキングへクリックしてね !

       
# by befana | 2009-04-11 22:59 | イタリア家庭料理
パスクワのお菓子
        パスクワには 羊料理・・・・・
        しかし ベファーナは羊が苦手・・・・
        ブログ用に作っても 食べなきゃならないしぃ。。。。
        考えているうちに 2日も経ってしまいました。

        兎も角 これ以上伸ばすと 病気???ッてご心配メールを頂くので
        パスクワのケーキを作りました。

        復活祭ケーキも各地に 色々有りますが プーリアの復活祭ケーキ
c0085273_2217014.jpg

           
        小麦粉、砂糖、溶かしバター、玉子がベース。
        中身は 玉子にアーモンドプードル、砂糖とレモンの皮
             梨のジャムを合わせた物 を混ぜて 
        オーブンで焼き
c0085273_22225726.jpg

        チョコレートコーティングで出来上がり

        これが何故パスクワのお菓子なのか?
        その理由に説明のない代物です。

        由来は解らなくても 美味しくて食べ過ぎる お菓子です。

        さて 復活祭に欠かせない羊料理・・・・・
        逃げ歩くわけにも行かないので お決まりどうり今日は
        水とワインビネガーに一晩漬けて 臭み抜きをしています。
c0085273_22273342.jpg

        明日は アップできるでしょう。。。。。。???。。。。

        食べるもの捨てると罰が当るモンね 頑張るぞ~~~~

人気blogランキングへクリックしてね !

# by befana | 2009-04-10 22:29 | イタリア家庭料理
パスクワの玉子料理
        4月12日は 復活の主日 今週はパスクワ用に何か作ってみましょう。

        今日は 面倒苦さがりやサンにも 直ぐ出来る 玉子。

        用意するのは 手に入りやすいので ほうれん草
        ベファーナバーさん 750年生きているけど
        こんな長いほうれん草を 見るのは初めて・・・・・
c0085273_22154625.jpg

        通常のまな板より 少し大き目のまな板とクラベッコ???

        遊んでないで先に・・・一口大に切ってバター炒め
        アスパラは 茹でて 万能葱で結わいて ・・・・ これもバター炒め
       
        小鍋に水と 少量のワインビネガーを入れた中に 
        玉子を流し込んで半熟に
        
        盛り合わせてば出来上がり
c0085273_2222448.jpg

        他人の卵は 突いて見たいもの
c0085273_22231326.jpg


人気blogランキングへクリックしてね !

# by befana | 2009-04-06 22:23 | イタリア家庭料理
プルーンのニョッキ
        ニョッキの色々をアップしましたが 
        今週の最後 プルーンのニョッキ
c0085273_21235730.jpg

        水で戻したプルーンを入れて お饅頭を作る要領で包んだら
        何時ものように お湯で茹でます

        出来上がったら バターオイルとシナモンシュガーをかけて出来上がり
c0085273_21271495.jpg

  
        トレンティーの辺りは 歴史的にオーストリーの支配下にあったために
        料理にも オーストリーの影響が見られ このようなニョッキに出会います。 
        
        このほかご存知 生ハムで有名なサンダニエーレの北辺りでは
        生のプルーンの種を取り その分シナモンシュガーを詰め 
        ニョッキにする地方も有ります。

        勿論 プルーも入らない 大きめのニョッキに
        バターオイルと 細かいクルトンのようなものが掛かっているだけ・・
        と云う  アルトアディジェ辺りの家庭料理で招かれると・・・・・
        ニョッキ嫌いのベファーナ・・・・喉がつまり・・・・礼儀上美味しいと云い
        誉めた以上は オカワリも断れず・・・・・・お察しあれ!!

        初め云いいましたように 山ほどあるニョッキ料理ですが
        しばらく離れましょう・・・・・・・    又何時かね・・・??

        この終末 貴女はお花見ですか? 雨が降らないといいですね。
            好い週末を。。。

 人気blogランキングへクリックしてね !

# by befana | 2009-04-03 21:44 | イタリア家庭料理
パンのニョッキ
        今日はパンのニョッキです。
        イタリア・マンマ 結構食べ物を大事にします。
        その代表格 リボリータ・・・そして残りパンを利用した料理が
        結構沢山あります。

        材料は 硬くなったパンを牛乳で柔らかくして、玉子、チーズを加え
c0085273_22290100.jpg

       何時もの要領で 茹でて トマトソースなどで戴きます。
c0085273_2232172.jpg

       この他にも 硬くなったパンを利用したニョッキにも 
       小麦粉が少し入っているもの などなど 作り方は数知れず・・・・
       タスケテクレ~~~~~!!

       しかし 一番基本は 溶かしバターにチーズのみ
c0085273_22331081.jpg

       土台はパンにバターとチーズですから 間違いはないのですが
       お客様料理というより mammaの知恵でしょう

 人気blogランキングへクリックしてね !



 
# by befana | 2009-04-01 22:34 | イタリア家庭料理
揚げニョッキ
        今週はニョッキを作ってみましょう。

        前にも書きましたが 私自身はニョッキが苦手です。
        
        60年位前 まだ貴女達が生まれるズ~~~ト前の話です。
        世界大戦が終わって 日本中に食べ物がなかった頃の話。
        
        ジャガイモと小麦粉が手に入ると 亡父のイタリア仕込のニョッキ登場。
                
        当時バターもチーズも なかなか手に入らない時代ですから
        美味しいはずもなく この思い出につながるニョッキは
        今も苦手な食べ物です。・・・が・・・・
        
        しかし近頃 なぜかお教室で ニョッキのリクエストが多いのです。??

        ニョッキ主材料も ジャガイモ、パン、小麦粉だけ、そばなど、
        練りこみ材に カボチャやほうれん草、トマトソースを入れるもの それに
        ソースの種類が加わるのですから ザット 5、60種・・・モットカナァ~

        ただでも あまり食べたくない料理ですから そんなに作って
        アップするのはご勘弁!

        取り敢えず 今週は 月、水、金用に3種作ってみますね

        はじめに 揚げニョッキ
        小麦粉は 多くてもジャガイモの2割まで、玉子チーズを入れて捏ね
c0085273_2331394.jpg

        棒状にしたものを端から切って 丸め、親指で押すだけ 
c0085273_2335182.jpg

        オリーヴオイルで揚げれば 準備OK.

        ニンニク 玉葱、プチトマトを炒め 火を消して 
        最後にモッツァレラとバジリコを!
c0085273_23371174.jpg

        新じゃがより 実の絞まったジャガイモがいいでしょう。
        
 人気blogランキングへクリックしてね !

# by befana | 2009-03-30 23:37 | イタリア家庭料理