ミラノのスーパーより
c0085273_346396.jpg

大きなスーパーでこんなもの見つけました。
11月1日が死者の日といって
イタリアのお盆のようなものですが
ミサへ行ったり親戚の墓参りへ行ったりする日なので
その時期つきもののお菓子も当然あるわけです。
お墓へ持っていくのではなく自分たちで食べるんですけどね。
その名はズバリ 死者の骨。
やたらと固いビスケットでこれは 死者のパン という
別のお菓子と比べて段違いにマズイ!
骨だから仕方ないか~ と思うしかないでしょう。
材料は薄力粉、卵、重曹、アーモンドと
割と普通なのですが、
どうしてこんなに白くて固いのでしょうね?
人気blogランキングへクリックしてね !
にほんブログ村 料理ブログへ
by befana | 2006-10-18 03:52 | ミラノからの番外編
<< 死者のパン アンチョビのパスタ >>